遺族は霊安室で驚愕した…北朝鮮「病院の猟奇事件」公開処刑で幕

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
北朝鮮はかつて、犯罪の少ない国と言われていた。一部の特権層を除き、皆が平等に貧しいものの、完備された配給システムで食糧や生活必需品を得られるという社会体制のおかげだと言われている。

ところが、配給システムが崩壊、食糧難が頂点に達した1990年代後半には犯罪が多発した。平壌郊外の新興住宅地では、殺人、自殺、餓死かは不明だが、毎日のように遺体が発見され、中にはバラバラにされたものもあったという。

(参考記事:毎日のように死体が遺棄される平壌の統一通り、バラバラ遺体も

食糧難が深刻さを増す前の1990年、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の新浦(シンポ)では、40代男性が、肝臓病に効果があるとの占い師の言葉を真に受けて、10〜20代の12人を殺害、肝臓を取り出して食べる事件が起きている。犯人には翌年死刑判決が下された。

(参考記事:北朝鮮人民を震え上がらせた連続猟奇殺人鬼パク・ミョンシク

それから30年。新浦から遠く離れた開城(ケソン)で、また猟奇的な事件が起きた。その経緯を現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

今年5月のこと。家族を病気で亡くしたある市民が、開城市人民病院の霊安室から運び出された家族の遺体を見て驚愕した。患っていた部位とは全く異なる、頭部に大きな傷があったのだ。遺族は病院側に抗議すると同時に、安全部(警察署)に通報した。捜査に乗り出した安全部が逮捕したのは、開城市人民病院で救急課長として務めていたAだった。

3ヶ月に及ぶ予審(捜査終了後起訴までの追加捜査、取り調べ)でAは、犯行を認め、その詳細を供述した。