「金正恩氏も乗った」スキー場リフト、墜落して死亡事故

北朝鮮東海岸の元山(ウォンサン)市郊外にある馬息嶺(マシンリョン)スキー場。

金正恩党委員長は、最高指導者の座についた直後の2012年春に建設を指示、巨額の資金と大量の人員を投入して、わずか8ヶ月で完成させた。決められた日程より早く完成させることを是とする北朝鮮では、そのスピードの速さを「馬息嶺速度」と名付け、大々的に宣伝した。

(参考記事:北朝鮮ご自慢の「馬息嶺スキー場」ってどんなところ?

計画はそれにとどまらず、スキー場の近隣の海辺に、元山葛麻(ウォンサン・カルマ)海岸観光地区という巨大リゾートを建設を進めた。いずれの工事でも、速度ばかり重視して働く人の安全を無視した工事が行われたことで事故が多発、多くの人命が失われた。

(参考記事:「15万人の血と涙」で建設が進む金正恩氏の「ブラック・リゾート」

事故は、施設の完成後にも続いている。

現地のデイリーNK内部情報筋によると、先月24日、馬息嶺スキー場の施設点検に動員された設備課の40代と20代の男性職員が、リフトの点検を行っていた。このリフトは、2013年12月にここを訪れた金正恩氏も乗ったものだ。点検作業の途中、突然ケーブルが切れて、ゴンドラが地上に落下。2人は死亡した。

(参考記事:金正恩氏の背後に「死亡事故を予感」させる恐怖写真

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

報告を受けた中央では、事故の原因究明に当たるよう指示を下した。情報筋によると、スキー場では今までも事故が多発していたが、人命が失われたのは今回が初めてで、中央からはスキー場の設備安全問題に万全を期すよう指示があったという。現在は、綿密な点検を行いつつ、中央からの次の指示待ちの状態だという。

また、国際的なスキー場である馬息嶺でこのような事故が起きたことが外部に漏れないように、スキー場管理所職員にかん口令を敷いた。北朝鮮は、事故や事件などネガティブな事象をすべて「恥ずかしい」「国や最高指導者の対面に傷をつける」と考え、隠蔽を図る。

(参考記事:北朝鮮で「コロナ・パラノイア」大学生の集団発熱で拡散

ところが、人の口に戸は立てられないものだ。スキー場の職員は、家族や親戚に事故の件を話してしまった。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

「スキー場では事故が多いから、今年の冬は来ない方がいい」

こうした話が元山市全域から他の地域にまであっという間に広がり、スキー場利用を避けようという空気が広がっている。もちろん、今のようなコロナ禍でなくても、北朝鮮でスキーを楽しめるのは、一部の特権層に限られるが。

多発する事故の原因について情報筋は触れていないが、わずか8ヶ月のやっつけ工事で急ごしらえしたスキー場に問題が起きるのは驚くに当たらないことかもしれない。

(参考記事:北朝鮮ツアー、北朝鮮旅行は今後どうなる…実は近くて普通に行けるおすすめ北朝鮮ツアー・北朝鮮旅行