濡れ衣の女性に性暴行も…北朝鮮で警察官への報復殺人が続発

北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)で、安全員(警察官)が殺害される事件が起きた。

現地のデイリーNK内部情報筋の伝えたところによると、事件が起きたのは咸鏡北道の明川(ミョンチョン)郡でのこと。万戸里(マノリ)担当の40代のハン安全員が先月23日午後7時ごろ、首と胸など複数箇所を凶器で刺され、倒れていたところを住民により発見された。出血多量で既に事切れており、遺体のそばには刃渡り20センチの包丁が放置されていた。

通報を受け、明川郡安全部(警察署)が現場に急行、鑑識を行い、血の付いた包丁を証拠として確保したものの、それ以外の容疑者につながる遺留物などは発見できなかった。

動機は、怨恨の可能性が高いと考えられている。安全員や保衛員(秘密警察)は取り締まりの権限を振りかざし、庶民からワイロを搾り取り、要求に応じなければ様々な言いがかりをつけて逮捕し、刑務所送りにすることもある。また、同様のやり方で濡れ衣を着せた女性に性行為を強要することもあり、悪質な安全員や保衛員に対する庶民の恨みは深い。そんな安全員・保衛員が報復で殺される事件は以前から起きている。

(参考記事:手錠をはめた女性の口にボロ布を詰め…金正恩「拷問部隊」の鬼畜行為

韓国のリバティ・コリア・ポスト(LKP)によると、2018年には1年間で、全国の保安員(警察官)に対する報復と見られる殺人事件が70件超も起きた。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

また安全員は、国が徴税対策の一環として進める市場や露天商への締め付けを末端で担うことから、以前にもまして恨みを買っている。住民の間では「日本の植民地時代の巡査よりひどい」(情報筋)と噂されるほどだった。

(参考記事:北朝鮮の警察、名称変われど「悪徳警察」の汚名雪げず

安全部の捜査課は引き続き捜査を行っているものの、事件解決の糸口は掴めていないとのことだ。安全員が殺害される事件に、安全部は必ずや犯人をあげると息巻いているようだが、情報筋は「血の付いた包丁一つで犯人を捕まえられるか、見ものだ」と述べていることから、あまり期待はできないようだ。

情報筋も内心では、嫌われ者の安全員に天誅が下されたと喜んでいるのかもしれない。

(参考記事:「前科者から英雄が出た」反権力殺人に喝さい送る北朝鮮国民