北朝鮮「特殊部隊兵士」が権力の横暴にブチ切れ大暴れ

北朝鮮の地方政府の主な収入源と言えば、市場で商売する商人から徴収する市場管理費(ショバ代)だ。ところが、コロナ鎖国による経済不況で、市場の景気はどん底。モノが売れず、ショバ代すら払えない人たちは、市場の周辺の路上などで露店を開いて商売をしている。取締官が来れば、イナゴのように飛んで逃げてしまうことから、そんな人々のことを、「イナゴ商人」と呼ぶ。

取り締まりは強化される一方だが、税収の減少、資本主義的行為の蔓延、コロナ対策、美観を損ねるなど様々な理由が挙げられている。
(参考記事:「将軍様の命日」を理由に露天商を蹂躙する北朝鮮

だが、商人やその家族も、黙ってやられてばかりいるわけではない。両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、取り締まりに激しく抵抗した母子の話を伝えている。

今月1日、50代女性のチェさんは、恵山(ヘサン)市内の路上で人造肉(大豆粕で作ったソイミート)を売っていた。そこに通りかかったのは2人の安全員(警察官)。「早く家に帰れ」と促したが、チェさんは「それでは食べ物が買えなくなる」と抵抗した。

両者の間で口論となり、その様子を見ていたチェさんの息子、20代男性のハンさんも加わって、大げんかへと発展した。軍の特殊部隊出身の彼は、安全員を殴り、鼻の骨と肋骨が折れる重傷を負わせてしまった。
(参考記事:【写真】金正恩の処刑命令を実行する「巨漢兵」たちの正体

恵興(へフン)分駐所(派出所)から応援の人員がかけつけて、ようやくハンさんを制圧した。彼は連行されつつ「このテトゥ野郎!」と叫び、悪態を付いた。テトゥとは垢まみれという意味だが、安全員の別称として使われているとのことだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

ハンさんは恵山市安全部(警察署)に身柄を移送され、暴行と公務執行妨害で3カ月の労働鍛錬刑(懲役刑)に処されたとのことだ。
(参考記事:庶民に味方し権力の横暴に立ち向かった北朝鮮軍将校の悲劇的な死

当局は、露天商に対する締め付けを強化しているが、取り締まる側と取り締まられる側とのトラブルは頻発していると伝えられている。「路上で商売をするな」というのなら、商売をしなくても生きていけるように何らかのケアがあってしかるべきだが、実際は生きようが死のうがどうでもいい扱いだ。

これが、人間中心の思想を掲げつつも、世界最悪の人権侵害国家と名指しで批判される北朝鮮の実情だ。
(参考記事:「女性イナゴ商人」踏みにじる金正恩体制に北朝鮮国民が反発