血書で「復讐」誓った北朝鮮兵士ら、軍当局が摘発

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
朝鮮人民軍(北朝鮮軍)で最も許されない行為の一つが、私的組織の結成だ。たとえ小さなものであっても、「宗派行為」(分派行為=反政府活動)とみなされ、対象者は極刑に処される。

クーデターの芽を徹底して摘んでおくためだ。
(参考記事:「軍幹部はボディブローで崩れ落ちた」北朝鮮“クーデター未遂”の真相

先月8日、朝鮮人民軍の保衛局(秘密警察、以前の保衛司令部)は、私的な組織とみなされる行為を行った兵士4人を逮捕した。

デイリーNK内部情報筋によると、中国国境にほど近い、平安北道(ピョンアンブクト)東林(トンリム)に駐屯する125軽歩旅団の20代兵士4人は、昨年軍に入ったばかりだが、新兵訓練中に「血書」を書いた。

その動機は、軍での生活で困難なことがあったり、イジメに遭ったりしたら力を合わせて加害者を懲らしめようと、義兄弟の関係を結び、「復讐」の血書をしたためたというもの。情報筋は言及していないが、何らかの被害に遭い、「被害者の会」のような感じで互助組織を作ったのだろう。(参考記事:「気絶、失禁する人が続出」北朝鮮、軍人虐殺の生々しい場面

ところが、これがバレて4人は保衛局に緊急逮捕された。過酷な拷問を受け、うち2人は死亡したというのだから、ただ事ではない。具体的にどのような拷問を受けたのかはわかっていないが、壮絶なものだったことは想像に難くない。
(参考記事:「拷問の苦しみを理解する」北朝鮮の若者が残した遺書の凄絶な中身

軍に入って2年目の兵士、それもたった4人が、クーデターを起こすことなど考えられない。

「今回逮捕された125軽歩旅団所属の軍人の『復讐血書』は、政治的な意味ではなく、上官の暴行に対抗する幼い兵士の児戯のような行為に過ぎない」(情報筋)

かつて北朝鮮軍内には、より本格的な義兄弟組織があったが、それに比べれば他愛のないものだ。それでも保衛局は大騒ぎしており、拷問を生き抜いた2人に対する取り調べを続けている。取り調べ終了後、私的組織の結成を放置したかどで、旅団の指揮官に対しても責任追及がなされると情報筋は見ている。
(参考記事:北朝鮮軍、内部に異変…不満の将校ら「義兄弟の契り」で秘密組織

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面