総人口の約1%が虐待収容所に…北朝鮮「コロナ対策」巡り増加

北朝鮮には現在、「管理所」と呼ばれる政治犯収容所が少なくとも8施設あるとされている。ここ数年、収監される人の数が増える傾向が観測されていたが、さらに増加した模様だ。

デイリーNK内部情報筋は、平安南道(ピョンアンナムド)价川(ケチョン)の14号と17号管理所、北倉(プクチャン)の18号管理所、収監者が核実験場関連の労働に従事させられていたと伝えられている咸鏡北道(ハムギョンブクト)化城(ファソン)の16号管理所、昨年新設された黄海北道(ファンヘブクト)の平山(ピョンサン)の管理所に収監されている人の数が増えたと述べた。その数は、昨年10月から今年3月末までに約1万8400人、詳細を見ると价川8000人、北倉4100人、平山3600人、化城2700人だ。

デイリーNKの調査では、管理所に収監された人の総数は昨年7月の時点で約23万4000人に達する。

これは、一昨年3月と比べて少なくとも2万人以上増えた数字だ。今回明らかになった数字を合わせると、総人口の約1%の人が管理所に収監されているということになるのだから、想像を絶する状況だ。ちなみに日本の刑務所、拘置所収容人数は2019年末の時点で約4万8000人だ。
(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

その後の昨年8月から11月にも管理所に送り込まれる人の数が増えたが、死者の増加に伴い人数が相殺され、収監人数には大きな変動がなかったと見られている。
(参考記事:「楽に死なせてはならない」北朝鮮で強制収容所で異変

しかし、その後の昨年第4四半期から今年第1四半期にかけて、収監者が大幅に増加した。新型コロナウイルス対策の防疫規則に違反したケースがほとんどだったが、今では当局のコロナ政策を批判した人も相当数、収監されているという。

「(コロナ)初期には防疫規則違反者をすべて捕まえて管理所送りにしたが、途中からは自宅隔離や隔離施設の規定に違反した者を無条件で送り込むようになった。最近では、それ以外にも、コロナと関連する国家政策を避難したり、政治的に危うい発言、行動、政策執行怠慢などで入れられる人が多い」(情報筋)
(参考記事:親の死に目に会うにもワイロが必要な北朝鮮の「コロナ対策」

「マルパンドン」、つまり反政府的な言動をした程度でも管理所送りにするほど、当局は国内における引き締めを極度に強化しているということだ。情報筋がその例に挙げたのは、コロナワクチンの政策を批判した人の話だ。

「他国の実態と比べて、(北朝鮮は)ワクチンすら取り寄せられない国だ、と口を滑らせてしまった人が、見せしめとしてすべてスパイ扱いされ(管理所送りとなった)」(情報筋)

一方、当局が取り締まりを行っている反社会主義、非社会主義行為の違反者も次々に管理所送りにされている。一昨年末に制定された反動思想文化排撃法、昨年7月に制定された青年教養保障法に基づき、韓流コンテンツの流通に関わった人々、外国製携帯電話を使った人々が次から次へと摘発されている。中でも国境に接する主な4つの都市で摘発された人が多いとのことだ。
(参考記事:「見せしめ粛清」を宣言…“禁断の娯楽都市”に金正恩の魔手

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面