金正恩の「財宝」を盗み続けた犯罪グループの運命

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
北朝鮮において、金(ゴールド)の個人の所有は禁じられている。すべては国家の所有であり、つまりは独裁者である金正恩総書記とその一族の「財宝」も同然なのだ。

横領が発覚すれば重罪に処せられるが、ましてや密輸などすれば、公開処刑を免れないほどだ。それでも、密輸に手を出す人が後を絶たない。リスクは高くとも、それを上回るリターンがあるからだ。

金の密輸が発覚し、処刑を逃れるために脱北し、韓国まで逃げおおせる人もいる。
(参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

北朝鮮北部の両江道(リャンガンド)の大鳳(テボン)鉱山で採掘された金を密輸していた一団が摘発された。現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

両江道検察所は今月初頭、大鳳鉱山から過去2年間で数十トンの金鉱石を手に入れ、金を抽出して密輸していた一団を逮捕した。検察所は、今回の事件の規模の大きさから、6人の検事を投入して、捜査を進めていた。

逮捕者が何人かについて、情報筋は触れていないが、相当数に上るものと思われる。というのも、大鳳鉱山はその重要さから警備が極めて厳しいからだ。

武装した保衛隊員が24時間体制で、坑道の入口で警備を行い、出入りするすべての人員と車両に対して事細かくチェックを行う。作業を終えて退勤する労働者に対しては、金の持ち出しを防ぐために、徹底的な身体検査も行う。さらに、安全員(警察官)、保衛員(秘密警察)も配置され、何重もの監視網が築き上げられている。

それでも、少量の金を持ち出しては、業者に密売する労働者もいると情報筋は述べているが、これだけ大規模な密輸・密売は内外の協力者なくしては、なし得ないことだ。

「今回の事件は、規模が大きいという点で、鉱山の幹部や裁判官が介入しているか、バックにいる可能性を排除できない」(情報筋)

また、事件の摘発が、首都・平壌で10日に行われた非常防疫総和会議の前だったことから、既に逮捕された者、今後逮捕される者を含めて、関連者全員が重罰に処せられると情報筋は見ている。
(参考記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

厳重な取り締まりにも関わらず、金の密輸は多発しており、先月にも摘発事例があった。

「現在、中国から入ってくるカネのほとんどは、金などの金属を密輸した代金だ」と情報筋は語っている。
(参考記事:北朝鮮「40代女性」の自宅に隠されていた重大犯罪の痕跡

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面