金正恩、期待のドローン部隊指揮官「いけにえ」で処刑

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
朝鮮人民軍航空及び反航空軍(北朝鮮空軍)の苔灘(テタン)飛行場の無人機(ドローン)大隊の副大隊長が軍事裁判にかけられ、死刑判決を受けた。刑は今月10日に執行されたと、デイリーNKの軍内部情報筋が伝えた。

北朝鮮は2015年に無人機部隊を立ち上げ、韓国との軍事境界線に近い苔灘に、自爆型ドローンを配備してきた。副大隊長は部隊の立ち上げから関わり、ドローン技術運用分野の責任を負った貫禄のある指揮官だったという。

軍は今年10月に大規模な演習を行ったが、総参謀部と国防省の指示を受け、10月中旬から、演習の過程と、戦闘準備の実態に関する検閲(監査)を行った。その結果、坑道に格納されていた4機のドローンが、くず鉄同然の状態になっているなど、日常的なメンテナンスが行われておらず、稼働できないことが判明した。

その責任を問われた副大隊長は、空軍司令部検察所により逮捕。50日間の取り調べを受けた上で、処刑されたという。
(参考記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

「物理的に首が飛ぶ」

逮捕から処刑まで50日しかかからなかったことは異例の速さだ。軍内部からはこんな声が上がっている。