韓国専門家「わが国海軍は日本にかないません」…そして北朝鮮は

日韓の「レーダー照射問題」が混迷の度を深めている。さらには他の歴史問題も重なり、日韓関係は改善の糸口さえ見えない。

韓国紙・世界日報の軍事専門記者であるパク・スチャン氏が同紙1日付(インターネット版)で、険悪な日韓関係を巡り、「一部には、世界各国の軍事力レベルを分析するグローバルファイヤーパワー(GFP)が昨年『2018年 潜在的な戦争遂行能力』で韓国を136の評価対象国のうち7位、日本を8位としたことを根拠に、韓国の軍事力が強いと主張する向きがある」と指摘。

北朝鮮の方が「謙虚」

さらに、これに続けて次のように解説している。

あなたにおススメの記事:「韓国外交はひどい」「黙っていられない」米国から批判続く

いま読むべき記事:「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激的な中身

「このような主張は誤ったものである。島国である日本の特性を勘案すれば、韓日両国の海軍力の比較が優先事項だ。海軍力から見たとき、韓半島周辺海域での主導権争いが本格化したら、韓国は日本の相手にならない」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

パク氏がこのように述べる根拠は、韓国と日本の国力の差、海軍(海上自衛隊)の戦力差が土台になっている。そのぐらいのことは、ネット上でデータを比較すればわかることなので、ここで縷々説明する必要はないだろう。(参考記事:文在寅の空母が自衛隊に「ぜったい勝てない」理由…韓国専門家が解説

それより気になるのは、北朝鮮による世論操作だ。

日本の軍事力に対する論評で言えば、パク氏が指摘するような韓国の「一部」よりも、北朝鮮の方がよほど「謙虚」だ。

(参考記事:「世界は日本を警戒すべき」…北朝鮮が「いずも」空母化に猛反発する理由

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

核兵器を除いた北朝鮮の実際の軍事力を考えれば、それも当然なことかもしれない。

しかし、彼らがこのような論調を展開するとき、そこにより具体的な目的が隠されている場合も少なくない。

(参考記事:金正恩氏の「ポンコツ軍隊」は世界で3番目に弱い