「考え方が違う」米国から文在寅氏に不快感…北朝鮮もダメ出し

韓国では、政府系シンクタンク・統一研究院が毎年発行してきた『北朝鮮人権白書』の2019年版の公開が遅れていることが問題視されている。今月7日に同研究院のウェブサイトに一時掲載されたが、すぐに削除された。同研究院は「校正中」と説明しているが、国民への残忍な人権侵害を非難されることを何より嫌う、金正恩党委員長への「忖度」であることは明らかだ。

しかし文在寅政権としても、これをいつまでも公開しないというわけにもいかない。そんなことをすれば世論の非難が強まるし、公開したらしたで北朝鮮の不興を買う。

文在寅政権が「板挟み」から脱する道は、しばらく見つかりそうもない。