「もう核を作らなくて済む」発言の軍高官を銃殺した金正恩氏

この報告を受けた金正恩党委員長は激怒し「個人偶像化の恐ろしい思想毒素が人民軍の高官を変質させている、変質した思想毒素は根絶やしにしなければならない」と述べ、銃殺を命じたと、情報筋は伝えてきた――と、このように説明しても、読者の多くは金正恩氏が果たして何に激怒したのか理解できないのではないだろうか。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真 人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された

「党の唯一領導体系確立の10大原則」(現在はとは、北朝鮮の全国民が最高指導者(現在は金正恩氏)の権威を絶対化し、無条件服従することを定めた行動規範で、憲法よりも上位にある。

その条文は抽象的で様々な解釈が可能なのだが、ヒョン・ジュソン氏のケースで言えば、要はこの国では最高指導者以外に、部下やその家族への配給を命じる資格はないということだ。そのためヒョン・ジュソン氏は、最高指導者の権威に挑戦しようとした不届きなヤツ、ということになるわけだ。