発熱患者7人が金正恩に再接近…「不測の事態」現実化も

北朝鮮が日本の国会に相当する最高人民会議の第14期第3回会議を、当初予定していた10日から12日に延期した理由について、現地のデイリーNK内部情報筋は「複数の代議員が新型コロナウイルスに感染した疑いが出たため」と伝えた。

北朝鮮の公式メディアは現在まで、会議が延期された理由を明らかにしていない。また、北朝鮮は現在まで、国内で新型コロナウイルス感染者は発生しないとしているが、実際には相当数の感染者・死亡者が出ているとの観測が強まっている。

13日に内部情報筋が韓国デイリーNKに伝えたところでは、「中央緊急防疫指揮部は8、9日の2日間にわたり、平壌市内の宿舎で全国から招集された代議員らの検査を行った。その結果、平安北道(ピョンアンブクト)、咸鏡北道(ハムギョンブクト)、慈江道(チャガンド)など中朝国境地域と西海岸の南浦(ナムポ)市から来た代議員ら計7人が37.4度以上の発熱症状を見せた」という。

その結果、会議が延期となり、件の代議員は12日までに熱が下がれば参加の予定だったが、最終的には参加しなかったと見られるという。

延期の上で開催された最高人民会議には、金正恩党委員長は参加しなかった。金正恩氏は最高人民会議の代議員ではないから、必ずしも参加する必要はない。だが、北朝鮮は早くから、新型コロナウイルスの脅威を「国家の存亡に関わる」重大問題と位置付けており、金正恩氏の指導力を示すためには、参加が望ましかったのは言うまでもない。

そのため最高人民会議の招集に際して中央緊急防疫指揮部は、代議員の健康状態のチェックを2重、3重に行ったはずだ。金正恩氏の身辺の安全管理は北朝鮮の国家にとって最優先事項であり、普通の人と同じようには出来ない彼のトイレひとつにも極めて神経質になるほどだ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

新型コロナウイルスの拡散が始まる前の時点においても、健康状態に問題のある者は金正恩氏に近づくことすら出来なかった。

それにもかかわらず、7人もの発熱患者が首都・平壌に入り、金正恩氏と「同席」直前まで行ってしまったのだ。高血圧や糖尿病、心臓病などの基礎疾患は。新型コロナウイルス感染症の重症化を引き起こす要因になると言われている。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

金正恩氏がこうした基礎疾患を抱えているかどうかは詳らかでないが、彼の体形を見る限りでは、リスクは非常に高いように思える。

北朝鮮は防疫ルールの違反者を処刑するほど厳格な拡散防止措置を取っているが、それでも完璧な遮断は難しい。ウイルスが金正恩氏に到達する「不測の事態」も、現実化しないとは限らないのだ。