文在寅批判の元人気女子アナは勝利…どうなる韓国政治

15日投開票の韓国総選挙は革新系与党が圧勝し、定数300の5分の3となる180議席を確保した。革新系政党が単独で過半数の議席を得たのは2004年の総選挙以来16年ぶりで、今後は単独で法案を処理することが可能となる。

保守系の最大野党・未来統合党はソウル市の選挙区から出馬した黄教安(ファン・ギョアン)代表が、与党の李洛淵(イ・ナギョン)前首相にとの一騎打ちに敗れて落選。また、昨年まで院内代表として黄氏とツートップを務めてきた元祖「美人過ぎる国会議員」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)氏も落選した。

羅卿ウォン氏は以前、文在寅大統領の「対日発言」を厳しく批判していた。革新系の巨大与党の誕生で、ただでさえギクシャクしてきた日韓関係の行方が気になる。

(参考記事:【写真】文在寅批判の「美人過ぎる」野党議員…過去には「親日派」報道も

そんな中、保守陣営で健闘したのが韓国MBCテレビの元アナウンサーで、同局の看板キャスターだったペ・ヒョンジン氏だ。ソウル市内の選挙区から未来統合党候補として出馬し、与党から出た4選の強敵を破って当選した。

(参考記事:【写真】韓国MBCの元美人キャスターが自由韓国党入り

ペ・ヒョンジン氏は昨年1月、韓国国防省が発表した国防白書の最新版から「北朝鮮は主敵」との表現が消えたことを巡り、自身のフェイスブックに次のように書いて文在寅政権を批判した。

「休戦中であるわが国の国防白書から「主敵」が消えました。(ならば)大切な息子たちの徴兵は、何のために行うのでしょうか」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

息子を軍隊に送る、韓国の母親たちの心情を代弁した言葉だ。続けて同氏は、「韓国と北朝鮮の平和は、私も願っています」としながらも、北朝鮮が引き起こした韓国海軍の哨戒艦「天安」の撃沈、延坪島(ヨンピョンド)に対する砲撃事件、金剛山での女性観光客射殺事件に言及。「忘却が美徳になり得ない事件の数々が、依然として私たちの現実なのです」と述べ、続けて「わが国のすべての軍事努力は、歴史的『加害当事者―北朝鮮』に対する備えであった」と強調している。

だが、巨大与党の誕生は、文在寅政権の対北融和を加速させるだろう。ペ・ヒョンジン氏も言っているとおり、平和それ自体は歓迎である。だが、北朝鮮の核武装が固定化されてしまっては、朝鮮半島に真の平和が訪れることはないだろう。

また、北朝鮮の人権問題が置き去りにされるのも問題だ。その点で言えば、未来統合党から出た北朝鮮出身の太永浩(テ・ヨンホ)元駐英公使が当選し、比例以外で選挙区から初めて脱北者の国会議員が誕生することになったのは朗報だ。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

人権侵害の「生き証人」である太永浩氏の問題提起に、与党の政治家たちはどのように対応するのだろうか。