最高人民会議常任委が総聯結成65周年を祝賀

【平壌5月25日発朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会は、在日本朝鮮人総聯合会(総聯)結成65周年に際して25日、在日本朝鮮人総聯合会中央常任委員会に祝電を送った。

最高人民会議常任委員会は祝電で、許宗萬議長をはじめとする全ての総聯の活動家と在日同胞に熱烈な祝賀と温かい同胞愛的あいさつを送ると指摘した。

また、朝鮮の尊厳ある海外公民団体である総聯の結成は金日成主席の独創的な海外同胞運動思想と指導の貴い結実であり、在日朝鮮人運動の強化発展と在日同胞の運命の開拓に根本的な転換がもたらされた歴史的な出来事であったと明らかにした。

そして、総聯のこれまでの65年間は金日成主席と金正日総書記、最高指導者金正恩党委員長の指導の下で自主時代の海外同胞運動の新しい進路を切り開いて輝かしてきた勝利と栄光の歴史であり、祖国と民族に大きな貢献をした愛国・愛族の年代記であったと強調した。

続けて、これまで総聯は不滅のチュチェ思想を唯一の指導指針とし、組織建設と愛国活動全般にしっかり具現してチュチェの思想体系、指導体系が確立し、一心団結の威力を持った愛国組織に強化され、発展し、活動家と同胞を自分の領袖、自分の祖国に限りなく忠実な思想と信念の強者、熱烈な愛国者にたくましく育てたと指摘した。

さらに、総聯の活動家と在日同胞は内外の敵のしつこい圧殺策動を果敢に粉砕して金日成主席と金正日総書記の愛国遺産である総聯組織をしっかり守り抜き、チュチェ朝鮮の海外公民団体としての本態と威容を全世界に誇示したと強調した。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

祝電は、総聯の活動家と在日同胞がこれまでと同様、今後も不世出の偉人たちの尊名によって輝く総聯を愛国・愛族の先覚者、愛国衷情の模範、世界海外同胞運動のモデルにさらに輝かしていくとの信頼を表した。---