韓国紙・朝鮮日報(日本語版)が10日付で伝えたところによると、トーマス・カントリーマン元米国務省次官補(国際安全保障・不拡散担当)は7日(現地時間)に放送されたボイス・オブ・アメリカ(VOA)の対談企画で、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)青瓦台国家安保室第2次長の発言を厳しく批判したという。 あなたにおススメの記事:「何故あんなことを言うのか」文在寅発言に米高官が不快感 金鉉宗氏は韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を決めた直後の記者会見で、「政府はGSOM ...

【平壌9月10日発朝鮮中央通信】最近、朝鮮の平安南道文徳郡にある渡り鳥保護区で全地球的に絶滅危機種であるヘラサギの群れが観察された。 トキ科に属するヘラサギは世界的にその数が3000余羽しかいない珍しい鳥である。 今まで各保護区では、この鳥が10羽以上観察されなかった。 去る6月、国家科学院生物多様性研究所の科学者たちが動植物の調査を行う過程に異例に30余羽を観察した。 これは、全地球的な数の1%以上に及ぶもので、文徳渡り鳥保護区の自然地理的位置と渡り鳥生息条件の有利さをいま ...

朝鮮人民軍(北朝鮮軍)では、幹部の私的な商行為を厳しく禁じている。政治的な問題に繋がりかねない上に、軍の規律を見出し、メンツも潰すという理由からだ。 そんな規制をくぐり抜けて、タクシービジネスを行ってきた準軍事組織の幹部夫婦が当局に摘発された。お咎めは夫婦だけにとどまらず、組織全体に広がる様相を見せているという。また、平壌のタクシービジネスは、権力者の利権に直結しているという背景もある。 現地のデイリーNK内部情報筋によると、この夫婦は人民内務軍8総局の所属だ。人民内務軍とは ...

【平壌9月9日発朝鮮中央通信】9日付けの朝鮮各紙は朝鮮創建71周年に際して掲載した社説で、朝鮮は自主によって尊厳あり、自力で飛躍する偉大な強国であると強調した。 「労働新聞」は、チュチェ37(1948)年9月9日に朝鮮民主主義人民共和国が創建されたのは五千年の民族史上初めて真の自主独立国家、人民の国家建設の新しい起源を開いた特記すべき大きな出来事であったし、偉大な強国建設の出発を告げる荘厳な宣言であったと指摘した。 同紙は、歴史のこの日からこんにちに至る長々70余年間、朝鮮は ...

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は6日、韓国軍のF35Aステルス戦闘機導入を非難する論評を掲載した。 「最弱」競う南北 論評はまず、韓国軍のF35A戦闘機導入の状況について「8月21日、2機のステルス戦闘機を忠清北道の清州空軍基地にまた引き入れて現在、6機を搬入した状態にある。今後も、戦闘機の導入を中断することなく行って今年中に10余機を、2021年まで40機を確保するとけん伝している」と言及。続けて、次のように指摘した。 「看過できないのは、このように引き入れた最新戦争装備が有事の ...

【平壌9月7日発朝鮮中央通信】平壌市と江界市、新義州市をはじめ、全国の全般的地域で台風の被害を最小限に食い止めるための対策を徹底的に立てている。---

北朝鮮の朝鮮労働党中央軍事委員会は6日午前、非常拡大会議を緊急招集し、非常に強い台風13号(レンレン)の襲来に備え、国家的な非常災害防止対策を討議した。 これに先立ち、国営朝鮮中央通信は5日、台風13号によって同国の広い地域が豪雨などに見舞われる可能性があると伝えた。 女性芸能人を処刑場に それによると、台風13号は7日、「黄海南道(ファンへナムド)付近に到達した後、黄海南・北道、平安南道(ピョンアンナムド)、咸鏡南道(ハムギョンナムド)の内陸を経て8日午前頃に咸鏡北道(ハム ...

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、韓国の一部で米国の戦術核兵器の国内再配備を求める声が出ていることについて「自分らの運命を破滅のどん底により深く陥れる愚策だ」とする論評を配信した。 韓国の保守政界などの一部では、北朝鮮の核の脅威に対抗するため、NATO(北大西洋条約機構)で行われている「核兵器シェアリング」などの手法を援用し、米国の戦術核兵器を国内に再配備するべきとの主張が出ている。 NATOでは現在、核兵器シェアリングとしてドイツ、ベルギー、トルコ、オランダ、イタリアの5ヵ国 ...

北朝鮮は、輸出の多くが国際社会による制裁でストップし、外貨が得られなくなったことで、深刻な不況に襲われている。 そんな中で、売春を行う女性が増えていると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。それも組織化が進んでいるようだ。 生活に困っているが、商売を始めようにも元手のない女性たちが、自宅を改造しマッサージ屋を始めた。そこでは、マッサージのみならず売春も行われている。うまく行って儲かるようになると、それを知った他の女性たちも次々にマッサージを始める ...

【平壌9月5日発朝鮮中央通信】第14回全国教員大会の参加者が、平壌市内の各所を参観した。 大会の参加者は、万景台を訪問した。 彼らは、万景台革命事績館を参観し、生家に展示された事績物を見て回った。 朝鮮革命博物館を参観した彼らは、総序館に立つ金日成主席と金正日総書記のカラーの彫刻像を仰いであいさつし、複数の館を見て回った。 金日成総合大学と金策工業総合大学、平壌教員大学、万景台革命学院、平壌第4小学校、平壌初等学院、平壌中等学院、祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利記念館、中央階級教 ...

【平壌9月5日発朝鮮中央通信】朝鮮の咸鏡北道に位置している漁郎川発電所の建設が、速いスピードで推し進められている。 現在、第4号発電所のチャンポダムの建設が95%界線を突破した。 去る4月にダムのコンクリート打ち込み工事を始めた建設者たちが、8月末まで数万立方メートルのコンクリート混合物を打ち込んで近いうちに完工することのできる確固たる展望を開いた。 一方、水路トンネル導坑の拡張と被覆工事が力強く進められている。---

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】朝鮮創建71周年を祝って4日、平壌の朝鮮切手展示場に朝鮮切手が集中展示された。 初の新年の辞を述べる最高指導者金正恩党委員長の姿を編集した切手の写真が展示場に展示されている。 「偉大なわが国」と題して切手と証券類が展示された。 その中には、解放後、自主独立国家建設の強固な土台を築いた金日成主席の業績と、朝鮮を不敗の政治・思想強国、軍事強国に発展させた金正日総書記の革命活動実録を伝える切手がある。 金正恩委員長をいただいて前進する朝鮮の気概を反映し ...

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】第14回全国教員大会の参加者のための講習が4日、平壌で行われた。 講習では、最高指導者金正恩党委員長の著作「教員は党の教育革命方針の貫徹において職業的革命家の本分を果たしていくべきである」の思想を深く体得し、教育事業において大革命を起こして教育強国、人材強国を一日も早く建設するうえで提起される理論的・実践的問題が全面的に取り扱われた。---

【咸興9月4日発朝鮮中央通信】全国大衆芸術部門の民族音楽コンクールが行われた。 コンクールには、道・市・郡コンクールで当選した各地の機関、工場、企業、協同農場の芸術サークル員が参加した。 参加者は、大衆文化芸術活動を繰り広げる過程に高めてきた芸術的技量を発揮した。 コンクールに参加した各団体が出演する総合公演が、1日から3日まで咸興大劇場(咸鏡南道)で行われた。 舞台には、合唱「とわに変わらぬこの心」、女声独唱とパンチャン(傍唱)「鉄嶺アリラン」、民族器楽併唱「シンゴ山打令( ...

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】第17回全国朝鮮衣装展示会が4日、平壌の青年中央会館で開幕した。 展示会には、朝鮮衣装を専門とする全国の教師、研究者、創作家、技術者、技能工、学生と家庭婦人が製作した700余点のいろいろな男女の朝鮮衣装、婚礼服、子供服と70余点のカッシン(革製の履物)類が出品された。 展示会の期間、朝鮮衣装の加工技術と普及で収められた成果と経験に関する技術講習、経験発表会も行われる。 開幕式には、全光虎内閣副総理、関係部門、出品単位の活動家、教師、研究者、技術者 ...

【平壌9月4日発朝鮮中央通信】最高指導者金正恩党委員長がチュチェ108(2019)年8月22日、朝鮮労働党中央委員会の責任幹部と行った談話「教員は党の教育革命方針の貫徹において職業的革命家の本分を果たしていくべきである」が、第14回全国教員大会の参加者に伝達された。 金正恩委員長は著作で、今回全国教員大会を開こうとするのは全ての教員を朝鮮労働党の教育革命方針の貫徹へ力強く奮い立たせて国の全般的教育水準を高め、社会主義教育強国、人材強国の建設をより早く進めるところにその目的があ ...