山に消えた女囚…北朝鮮「陸の孤島」で起きた鬼畜行為

北朝鮮における人権侵害事例の調査とアーカイブ化を行っている韓国のNGO、北朝鮮人権情報センター(NKDB)によると、確認できただけで北朝鮮には23ヶ所の教化所(刑務所)が存在する。その資料には記載されていないが、北部山間地の慈江道(チャガンド)の城干(ソンガン)郡には、道内唯一の6号教化所(刑務所)がある。

そこの所長以下の全職員が、昨年11月末から12月にかけて交代させられたと、現地のデイリーNKの内部情報筋が伝えた。情報筋は、その正確な数はわからないが、600人と推測している。

情報筋によれば、この措置の背景にはひどい人権侵害にあるという。

「昨年7月、教化所の警備兵が、個別作業と称して女性受刑者を連れ出し、性的暴行を振るおうとしたが、抵抗されたために殺害し、遺体を裏山に埋める事件が起きた。警備兵は公開銃殺されたが、慈江道全域に噂が広がり、戦々恐々となった」(情報筋)

(参考記事:手錠をはめた女性の口にボロ布を詰め…金正恩「拷問部隊」の鬼畜行為

だが、教化所における人権侵害は今や、北朝鮮国内どころか国際社会においても公然の秘密である。