北朝鮮国営の朝鮮中央通信によると、25日18時までの24時間に確認された発熱患者の数は10万5500人余り。また、4月末から25日18時までの発熱患者の累計は317万380人余りで、289万8500人が全快し、68人が死亡した。 この「全快」とはどのような状態を指すのか。平壌のデイリーNK内部情報筋が説明した。 まず、自宅での隔離の場合は7日、隔離施設に収容された場合は7日から10日が過ぎると、熱や咳の症状があっても隔離が解除され、「全快」扱いとなる。発熱患者の中には、コロナ ...

韓国に派遣する工作員を養成する金正日軍事政治大学。朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の軍官(将校)を養成する金日成軍事総合大学。北朝鮮を代表するこの2つの軍事大学で、新型コロナウイルスのクラスターが発生した。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 平壌の情報筋によると、国内でのコロナ感染者発生の公式発表があった週、金正日軍事政治大学では既に5人の感染者が発生していたが、17日の時点で数十人まで感染が広がった。その多くが、先月25日に行われた、朝鮮人民革命軍の創建90周年の軍 ...

北朝鮮国営の朝鮮中央通信によると、22日18時までの24時間に確認された新型コロナウイルス感染の疑いがある発熱患者は13万4510人余り。前日比で3万3130人減少し、最盛期に比べて多少落ち着いた感はあるものの、北朝鮮は依然として「非常防疫大戦」の真っ只中にある。 北朝鮮国営の朝鮮中央通信が国家非常防疫司令部の発表として伝えたところによると、 そんな中で、5人が脱北する事件が発生。金正恩総書記は徹底的な調査を指示した。 デイリーNK内部情報筋は、事件が起きた正確な日時について ...

最近、北朝鮮で子どもが死亡する事例が増えている。新型コロナウイルスによる感染症、あるいは別の感染症による発熱で亡くなる場合もあるが、それ以外の原因も指摘されている。南浦(ナムポ)のデイリーNK朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部情報筋が伝えた。 情報筋は、子どもたちが事実上、伝染病の脅威の前で放置されているとして、朝鮮人民軍第3軍団の指揮部の軍人の家族の間では、大人より子どもの死者が多いと伝えた。 その理由として情報筋が挙げたのは、食糧不足による栄養状態の不良だ。 (参考記事:北朝鮮国 ...

北朝鮮の金正恩総書記は15日、新型コロナウイルス対策の非常協議会の場で、医薬品供給が停滞しているとして、幹部らを厳しく叱責した。 このことは、連日国営メディアでも報じられているが、それを見た北朝鮮国民からは、批判的な声が上がっている。金正恩氏は、内閣と保健医療部門の担当者、中央検察所長らを槍玉に挙げたのだが、これが「いつものやり方だ」というものだ。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 (参考記事:「何の役割も果たせない」金正恩氏、コロナ対策で幹部ら叱 ...

最近の日本ではあまり聞かなくなった「当たり屋」。保険金などを目当てに、故意に車にぶつかる行為を指すが、ドライブレコーダーや監視カメラが普及したことで、なりたたなくなったのだろう。 ドライブレコーダーはおろか、車の普及すら進んでいない北朝鮮でも、当たり屋は存在する。その実態を、咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 事件が起きたのは先月中旬のこと。咸興(ハムン)市の沙浦(サポ)区域で、チェという女性が貨物トラックに飛び込んだ。幸い、命に別状はなかったが、 ...

新型コロナウイルスのパンデミックとウクライナ戦争に加え、北朝鮮国内でのコロナ感染拡大により、ロシア国内にいる北朝鮮労働者が困難な境遇に置かれていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。 ロシアには現在、北朝鮮から数万人に及ぶ労働者が派遣されており、そのうちの相当数は北朝鮮軍の兵士たちだとされる。 労働者らは、不況のせいで働き口が激減し、さらには北朝鮮国内の家族とも連絡が取りにくくなっているという。 RFAがウラジオストクの情報筋の話として伝えたところによ ...

本格的に始まった北朝鮮の「田植え戦闘」。不足する農村での働き手を補うために、都市部の住民が、近隣の協同農場に動員されるのだが、どういうわけか死者が続出しているという。詳細を、黄海北道(ファンヘブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。 先月、黄海北道で農作業と関連して亡くなった人の数は50人。すべてがトラクターの事故によるものだ。北朝鮮には、舗装も補修もされていない道路が数多く存在するが、古いタイヤを装着したトラクターでの移動または作業中に、タイヤが破裂するなどして事故につな ...

北朝鮮は、今月12日の国営朝鮮中央通信の報道を通じて、国内での新型コロナウイルス感染者の発生を初めて公式に認めた。だが、実際は先月末ごろから感染を疑わせる患者が発生していたようだ。中国と国境を接する平安北道(ピョンアンブクト)の新義州(シニジュ)では、封鎖令(ロックダウン)が下される事態となっていた。 このことを伝えた現地ののデイリーNK内部情報筋によると、先月末ごろから発熱、咳、下痢などコロナ感染を疑わせる症状を見せる患者が急増。これは、国境の川の対岸にある中国・遼寧省の丹 ...

北朝鮮の金正恩総書記は15日に開かれた朝鮮労働党中央委員会政治局の非常協議会で、新型コロナウイルスの感染を抑え込むため「人民軍(北朝鮮軍)の軍医部門の強力な力量を投入して平壌市内の医薬品供給活動を即時安定させること」に関する党中央軍事委員会の特別命令を下達した。 朝鮮中央通信によれば、金正恩氏は協議会の席上、「先鋭な防疫戦争で高度の緊張性と警戒心を堅持し、全ての事業を科学的に細密に作戦、指揮していささかの手落ちと盲点も許してはならない」と強調し、「活動家が実質的な活動、実質的 ...

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会政治局は15日、前日に続いて新型コロナウイルス対策の非常協議会を招集。金正恩総書記はその席上、国民への医薬品供給が停滞しているとして、内閣と保健医療部門の担当者、中央検察所長らを厳しく批判した。 金正恩氏は「国家が調達する医薬品が薬局を通じて住民に適時に、正確に行き届いていない」として、内閣と保健医療部門を批判。 青ざめた幹部たち また、「全国的に医薬品取扱および販売で現れているいろいろな否定的傾向を正すことができずにいる」として、「厳しい時局にさ ...

北朝鮮で広がりつつある「絶糧世帯」。前年の収穫の蓄えが底をつき、食べ物が一切なくなった世帯を指す。春から初夏にかけての「春窮期」には、毎年のように絶糧世帯が現れるが、コロナ鎖国による食糧不足により、例年より深刻なようだ。 そんな北朝鮮の人々にとっての希望の光が、初夏に収穫が始まる麦だ。しかし、異常気象でそんな希望は消えつつあると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 (参考記事:「もう食べるものがない」金正恩の足下で響き渡る悲鳴) 咸鏡北道(ハムギョンブクト) ...

北朝鮮は、先月25日の朝鮮人民革命軍の創建90周年に合わせて、首都・平壌で軍事パレードを行った。その裏で、前代未聞の事件が起こり、全軍に緊張と動揺が起きている。平壌のデイリーNK軍内部情報筋が伝えた。 軍事パレードの当日の明け方、軍事境界線沿いに駐屯している朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の第1軍団の指揮部直属の警備中隊の衛兵長室で、衛兵長として勤務していた第2小隊のチェ小隊長が、政治指導員と歩哨長を拳銃で射殺する事件が発生した。20代後半の彼は、同じ階級である政治指導員が、部下の兵士 ...

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、国内で4月末から原因不明の発熱症状を見せる人が爆発的に増え、18万7千人余りが隔離されて治療を受けており、6人が死亡したと伝えた。北朝鮮では前日の朝鮮労働党政治局会議で、国内での新型コロナウイルス感染者発生を初めて確認。金正恩総書記は「全国の全ての市、郡で自分の地域を徹底的に封鎖」するよう指示した。 実際のところ、北朝鮮では2020年の早い時期から、新型コロナ流行を疑わせる状況が見られていた。医療保健インフラの脆弱な北朝鮮はこれを体制の危機と ...

北朝鮮の朝鮮労働党は12日、金正恩総書記の司会の下、中央委員会第8期第8期第8回政治局会議を開催。首都・平壌で新型コロナウイルス感染者が発生したことが確認された。北朝鮮が、国内での感染者発生を認めるのは初めてだ。 朝鮮中央通信によれば「国家非常防疫指揮部と当該の単位では去る5月8日、首都のある団体の発熱者らから採集した検体に対する厳格な遺伝子配列分析の結果を審議し、最近、世界的に急速に伝播しているオミクロン変異株『BA.2』と一致すると結論した」という。 そして、金正恩氏はこ ...

北朝鮮の片田舎で凄惨な強盗殺人事件が発生し、当局と庶民に衝撃を与えていると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じている。 金正恩総書記の参加の下、北朝鮮の首都・平壌で朝鮮人民軍(北朝鮮軍)創建90周年を記念する閲兵式が行われた4月25日の夜、平安南道(ピョンアンナムド)でその事件は起きた。 RFAが道内の司法関係の情報筋の証言として伝えたところによると、事件の概要は次のとおりだ。 家人が寝静まった檜倉(フェチャン)郡のある民家に、盗賊が侵入。1階で寝ていた男性チェ ...