未だに国内に新型コロナウイルスの感染者はいないとしている北朝鮮。だが、感染が広がっているかのように、強力な措置が取られている。 防疫ルールに違反すれば厳罰が下されるが、そこには処刑も含まれる。先月には金正恩党委員長の統治資金作りに携わっていた幹部が処刑されている。資金作りの効率よりも、国民を「見せしめ」で統制する恐怖政治を強化していると言えるだろう。 (参考記事:女性芸能人らを「失禁」させた金正恩の残酷ショー) 北朝鮮国営の朝鮮中央放送は2日、超特級非常防疫措置を復活させるに ...

米国務省のアレックス・ウォン北朝鮮担当特別副代表(次官補代理)は1日、米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)のオンライン会合で講演し、北朝鮮の制裁違反の証拠を示す情報提供に最大500万ドル(約5億2000万円)の報酬金を支払う方針を明らかにした。米国務省は同日、情報提供を募るための特設サイトをインターネット上に開設した。 同省は特設サイトで、北朝鮮の不法行為を阻止するため「米国当局は『正義への報酬プログラム』(Rewards for Justice/RFJ)から最大5 ...

米国務省は1日、北朝鮮の制裁逃れを摘発するため情報提供を呼び掛ける特設サイトを開設した。情報提供に対しては、最大500万ドル(約5億2000万円)の報酬が支払われるという。 同省は特設サイトで、「北朝鮮の不法行為を阻止しようという国際的な取り組みを支援するため、北朝鮮を支援する特定の活動(マネーロンダリング、北朝鮮への高級品の輸出、特定のサイバー行動、WMD(大量破壊兵器)の拡散を支持する行動など)に関与する人物に関する金融メカニズムの混乱を招く情報と引き換えに、米国当局は『 ...

景勝地として名高い北朝鮮の金剛山(クムガンサン)。軍事境界線を挟んですぐ南側は韓国ということもあり、2003年からは南北協力の象徴として、韓国からのツアーが始められた。韓国の現代グループが巨額の予算を投資し、ホテルなどの施設を建設、数多くの観光客が訪れていたが、2008年7月に立入禁止区域内で韓国人女性の観光客が朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士に射殺される事件が起こったことを受け、中断している。 韓国人以外の外国人観光客に関しては、北朝鮮側からの観光が可能だったが、今年1月から国 ...

北朝鮮の北東部の大都市、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)市内には、輸城川(スソンチョン)という川が流れている。大きな橋が2本かけられているが、今年8月に地域を襲った台風9号(メイサーク)の被害で流出してしまった。 米国の北朝鮮ニュース専門サイト「38NORTH」は、8月18日撮影の衛星写真では橋が寸断されてしまっているが、10月15日の衛星写真では、復旧作業が行われ、通行が再開しているようだと報じた。 この橋なのか、別の橋なのか不明だが、朝鮮人民軍(北朝鮮軍) ...

韓国の文在寅大統領は30日に主宰した首席秘書官・補佐官会議で、次のように発言した。 「すべての公職者は国民だけに奉仕すべきで、より良い国づくりのための役割を果たすべきです。所属する部署や集団の利益ではなく、共同体の利益を重んじる先公後私(滅私奉公)の姿勢で危機を乗り越え、激変の時代を切り開いていかねければなりません。過去の慣行や文化から抜け出せなければ、急変する世界的潮流から落伍するしかないでしょう」 何のことかと言うと、最近の政権と検察の対立を巡り、検察側に「態度を改めろ」 ...

韓国の文在寅政権と検察当局との対立が激しさを増している。秋美愛法相は24日、与党や政府高官の不正に鋭く切り込んできた尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長の職務執行停止を命じた。尹氏はこれに反発し、裁判所に命令の執行停止を申し立てた。その裁判が30日に行われる。 秋美愛氏はすでに指揮権を乱発し、尹錫悦氏が捜査指揮を出来ないよう手足を縛っている。尹氏本人が「世間が言うように、私は植物総長も同然」だと語っているくらいだ。それでも秋氏が攻撃の手を緩めないのは何故か。自分の息子が兵役に絡む ...

北朝鮮の北東部の大都市、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)市内には、輸城川(スソンチョン)という川が流れている。大きな橋が2本かけられているが、今年8月に地域を襲った台風9号(メイサーク)の被害で流出してしまった。 米国の北朝鮮ニュース専門サイト「38NORTH」は、8月18日撮影の衛星写真では橋が寸断されてしまっているが、10月15日の衛星写真では、復旧作業が行われ、通行が再開しているようだと報じた。 この橋なのか、別の橋なのか不明だが、朝鮮人民軍(北朝鮮軍) ...

「2007年には、脱北者が鴨緑江に入って半分のところまで進んでも、国境警備隊『止まれ!止まれ!』というだけで、銃は撃てなかった」 これは、2007年に北朝鮮から逃れた脱北者が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RfA)に語った内容だ。 かつての北朝鮮は、中国との関係に気兼ねして、国境地帯での銃撃は行わなかったという。だからといって、逮捕した脱北者の扱いが良かったというわけでは決してない。 (参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態) 状況は、金正恩政権に ...

韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は27日の国会情報委員会で、北朝鮮で最近、大物両替商や新型コロナウイルス対策の防疫規定を守らなかった有力幹部が相次いで処刑されたと報告した。 同委員会幹事を務める野党・国民の力の河泰慶(ハ・テギョン)議員が明らかにしたところによれば、金正恩党委員長は10月末、為替レートの急落を理由に平壌の大物両替業者を処刑し、8月には新型コロナウイルスの防疫対策として行っている外国からの物資搬入禁止令に違反し、新義州(シニジュ)に物資を持ち込ませた有力幹部 ...

韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法相が24日、与党や政府高官の不正に鋭く切り込んできた尹錫悦(ユン・ソギョル)検事総長の職務停止を命令したと発表したことを受けて、韓国メディアが一斉に批判を展開している。文在寅政権寄りの報道を行ってきた京郷新聞やハンギョレ新聞も、今回は批判的あるいは慎重な姿勢だ。政権に気を使っているのは、御用メディアの烙印を押されて久しい公共放送のKBSとMBCぐらいだろうか。 識者も猛反発している。特に、文在寅政権の支持者から最も先鋭な批判者に転じた陳重権(チン・ ...

韓国の秋美愛(チュ・ミエ)法相は24日、尹錫悦(ユン・ソギョル)検察総長の懲戒請求を行い、職務停止を命令したと発表した。法相が現役検事総長の職務停止を命じるのは、史上初の事態である。 秋法相は発表に伴い、尹総長が「(違法行為の疑いのあった)メディア社主と不適切な接触を持ち、チョ・グク前法相事件などで裁判所に対して違法な査察を行い、政治的中立に対する総長としての威厳と信望を損ねた」などなど、尹総長の様々な規律違反を理由として列挙したが、韓国メディアの報道にコメントを寄せた専門家 ...

中国の王毅国務委員(外交担当)兼外相が25日から韓国を訪問する。同氏のソウル訪問は昨年12月以来、約1年ぶりで、新型コロナウイルスの感染拡大以降で初めてだ。 これを受け、韓国の一部で緊張感が漂っている。朝鮮日報は同氏の訪問について、次のように書いている。 「韓米日三角共助を通じた中国に対するけん制の動きを懸念してきた中国としては、米国主導の多国間安保協議体クアッド(Quad)など米中対立懸案に対する中国の立場を説明し、韓国の協力と理解を求めるものと見られる」 この間、韓国政府 ...

北朝鮮当局は先月27日から、中国との国境に面した咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)、鐘城(チョンソン)、穏城(オンソン)に対して、封鎖令を発した。 表向きの理由は「新型コロナウイルスの流入遮断」だが、実際は、国境警備のために派遣された朝鮮人民軍(北朝鮮軍)暴風軍団の兵士が、普段から自分をいじめていた副分隊長を殺害後に逃走する事件が起きたことがきっかけだ。 コロナ感染が疑われる患者が発生した両江道(リャンガンド)や慈江道(チャガンド)でも封鎖令が発せられているが、 ...

国連総会第3委員会(人権)は18日、北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を議場の総意(コンセンサス方式)により無投票で採択した。同趣旨の決議採択は16年連続である。 また、決議案では人権侵害を国際刑事裁判所(ICC)に付託し、「最も責任ある者に対する追加制裁の考慮」など適切な措置などを取るよう勧告がなされている。絶対的な独裁体制を敷く北朝鮮で「最も責任ある者」と言えば、金正恩党委員長を置いてほかにいない。ICCへの付託と責任者の処罰の勧告は7年連続だ。 この7年の間に、米国では民 ...

北朝鮮が未曾有の食糧危機に襲われた1990年代後半。多くの人が家や家族を失い、生きるために国境を川を渡り中国へと向かった。 数多くの女性が人身売買組織の魔の手にかかり、中国人男性に売られるなどした。その犠牲者は数万人とも言われているが、正確な統計は存在しない。暴力、強制労働、強制送還や女性の韓国行きによる家族離散、望まぬ性産業への従事など、さらなる人権侵害を招いている。 国際社会の厳しい批判にも、人身売買が横行する状況は未だに改善していない。デイリーNKの内部情報筋が伝えた事 ...