北朝鮮は認めようとしないが、多くの人の証言で存在が明らかになっているのが、「土台」、「成分」と呼ばれる身分制度だ。国民一人ひとりの身分を、親のかつての職業、地位、本人の現在の状況に応じて、決定する。 それらを総合したものが「階層」と呼ばれるもので、基本群衆(核心階層)、複雑な群衆(動揺階層)、敵対階級残余分子(敵対階層)の3種類がある。最も身分が低いとされる敵対階層に含まれるのは、地主、富農、隷属資本家、親日派、親米派、悪質宗教家、宗派分子、宗派連座者、スパイ、農村の什長、企 ...

先月15日、朝鮮人民軍の建設部隊である7総局の政治委員で52歳のリュ少将が、北朝鮮の首都・平壌郊外の兄弟山(ヒョンジェサン)区域の市場の近くの堤防で公開銃殺された件については、すでに本欄で伝えた。 マンション建設の利権を握り、わが世の春を謳歌していたリュ氏だが、嫉妬に駆られた30代愛人女性の告発により、不正が露見してしまったのだ。 この話には続きがあった。 件の愛人女性は、軍の護衛司令部傘下の東洋タバコ会社に対する巨額の投資を行っているトンジュ(金主、新興富裕層)で、リュ氏が ...

北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)吉州(キルチュ)郡と言えば、世界的に有名になった豊渓里(プンゲリ)の核実験場のあった地域だ。 その吉州郡で、労働者たちの声明を脅かす事故が多発している。 (参考記事:北朝鮮「核実験場地区」でコロナ集団感染か…病院は搬送拒否) 今年3月に開催された第1回市・郡党責任書記講習会の場で、「住宅を増やせ」との方針が下されたことを受け、朝鮮労働党吉州郡委員会は先月から、住宅建設工事に取り掛かった。現場で働いているのは、半強制の建設ボランティア部隊であ ...

北朝鮮北東部の咸鏡北道(ハムギョンブクト)で、安全員(警察官)が殺害される事件が起きた。 現地のデイリーNK内部情報筋の伝えたところによると、事件が起きたのは咸鏡北道の明川(ミョンチョン)郡でのこと。万戸里(マノリ)担当の40代のハン安全員が先月23日午後7時ごろ、首と胸など複数箇所を凶器で刺され、倒れていたところを住民により発見された。出血多量で既に事切れており、遺体のそばには刃渡り20センチの包丁が放置されていた。 通報を受け、明川郡安全部(警察署)が現場に急行、鑑識を行 ...

北朝鮮の金正恩総書記の呼びかけに応じる形で、全国の若者が炭鉱や農村など労働力不足が深刻な地域への派遣を「嘆願」した件は、デイリーNKでも既報のとおりだ。 表面的には「嘆願」だが、実際は募集人数が割り振られ、志願を強制されるというものだ。この手の集団動員は、決められた数をこなすことばかりが優先され、中身が伴わないケースが多いのだが、案の定、派遣先で様々な問題が起きている。 (参考記事:北朝鮮青年180人が農村行きの「嘆願」を強いられる) まず、黄海北道(ファンヘブクト)のデイリ ...

「ハコモノ事業」が大好きな最高指導者を頂く北朝鮮では、コロナ禍の下での極度の経済難の中でも、各地で大規模な建設計画が進められている。現場で主力として働いているのは、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の建設部隊と、突撃隊と呼ばれる組織だ。 国が何らかの大規模建設を行うに当たって、各地の工場、企業所、機関に対して労働力の供出を求めるが、これを突撃隊と呼ぶ。表向きは全員が志願者だが、実際は半強制だ。報酬が一切支払われないばかりか、事故に遭っても一切の補償が得られない。待遇面でも問題があり、逃げ ...

北朝鮮の首都・平壌市では今年3月23日、金正恩総書記の出席の下、「平壌市1万世帯住宅」建設の着工式が行われた。 国営の朝鮮中央通信はこの住宅建設事業について、「大規模住宅建設は、わが党と政府にとって最重大課題」であり、「党中央委員会第8期第2回総会の決定を決死の覚悟で貫徹するための壮大な創造大戦である」と意義を強調した。つまりは金正恩氏が今、最も重視している事業だということだ。 しかし、現場の実情はお寒い限りだ。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によれば、建設工事は主 ...

北朝鮮各地に存在する「特閣」と呼ばれる施設。最高指導者だけが利用できる豪華別荘だが、その存在はベールに包まれている。 韓国のNGOが運営する北朝鮮向けラジオ局、北韓自由放送は2013年、ある脱北者が、特閣を訪れた経験を持つ知人から聞いた話として、「金正恩の伯父にあたる張成沢(チャン・ソンテク)は、自身の招待所に業務関連の書籍は一冊も置かず、アダルトビデオとポルノ雑誌だけが散乱していた」と報じた。招待所も、特閣と似た施設だ。 その後、張成沢氏は金正恩氏によって処刑された。その決 ...

1970年代から使われていた北朝鮮の100ウォン紙幣、2002年に発行された1000ウォン紙幣と5000ウォン紙幣は、いずれも北朝鮮国民の間で不評だった。紙幣の表面に金日成主席の顔が描かれていたからだ。 日本のかつての御真影のように、金日成主席、金正日総書記の肖像画が命より大切とされる北朝鮮では、いくら紙幣と言えども下手に折ってしまうと、肖像画を粗末に扱ったとの理由で政治犯にされかねない。 北朝鮮において、最高指導者の権威を傷つけることは最も重大な罪だ。 (参考記事:金正恩命 ...

先月15日午前10時、北朝鮮の首都・平壌郊外の兄弟山(ヒョンジェサン)区域の市場の近くの堤防で、公開銃殺が行われた。 処刑されたのは7総局の政治委員で52歳のリュ少将。今回の処刑にはどのような背景があるのだろうか。平壌のデイリーNK内部情報筋が詳細を伝えた。 (参考記事:妻子の目前でズタズタに…北朝鮮「ある市役所職員」の罪と罰) 北朝鮮で住宅建設を行うには、トンジュ(金主、新興富裕層)からの投資を募り、資金を集めた上で建設を行い、投資の見返りとしてマンションの部屋を受け取った ...

短縮されたとは言え、男性は7〜8年、女性は5年と、世界最長であることには変わりない北朝鮮の兵役。食糧難、上官からの暴言、暴力に苦しめられ、事故も多発する極めて過酷なものだ。 朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部のデイリーNK情報筋は、最近起きた、女性兵士の上官への復讐劇について伝えた。 事件が起きたのは、第2軍団指揮部直属の通信大隊第1中隊坑道戦闘勤務場でのこと。先月22日の午後、業務引き継ぎのときに、無線交信に関する規則が書かれた軍事機密文書「無線諸元」がなくなっていることがわかった ...

北朝鮮の朝鮮労働党は1月に開催した第8回党大会で党規約を改正し、党中央委員会に「第1書記」のポストを新設したもようだ。 韓国メディアの報道などによると、金正恩総書記の最側近のひとりである趙甬元(チョ・ヨンウォン)書記が就任したとの観測が出ている一方、金正恩氏の身に「万が一」のことがあった場合に備えた措置であり、現在は空席であるとの見方も出ているようだ。 どちらの見方が正しいにせよ、第1書記のポスト新設はやはり、いずれは金正恩氏の妹・金与正(キム・ヨジョン)党副部長が就任するこ ...

金正恩がまたやった。多数の芸能関係者を1カ所に集め、彼らの見守る前で、有名芸能人を残忍な方法で処刑したのである。 韓国紙・東亜日報記者のチュ・ソンハ氏が明らかにしたところでは、公開処刑が行われたのは2月22日。金正恩総書記が李雪主(リ・ソルチュ)夫人とともに、光明星節(故金正日総書記の誕生日)を記念する芸術公演を見た6日後のことである。 銃殺されたのは、この公演に参加した朝鮮人民軍勲功国家合唱団の有名指揮者だ。公演の4日後、参加者を集めて金正恩氏の「お褒めの言葉」の伝達式が行 ...

コロナ鎖国による経済難、物資不足で犯罪が多発している北朝鮮。 食べ物のみならず、稲の苗床、コロナ防疫用の消毒車の部品など、輸入がストップしたことで不足している品物を中心に盗難のターゲットになっているが、凶悪事件も起きている。北部の両江道(リャンガンド)では、子どもの誘拐事件が多発していると、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えている。 (参考記事:北朝鮮のコロナ対策「切り札」が盗難被害に) 先月12日に、恵山(ヘサン)市内の江岸(カンアン)幼稚園に通う6歳の子どもが誘拐された。 ...

北朝鮮の金正恩総書記は大の「乗り物」好きとして知られる。 たとえば、朝鮮中央テレビは昨年8月7日、金正恩氏が水害被災地を視察した際の写真を公開。それを見ると、金正恩氏が泥で汚れたレクサス「LX570」と見られる黒のSUVの運転席側にいる。 また、父親の金正日総書記が絶対に乗ろうとしなかった飛行機をよく利用しているし、空軍の視察で戦闘機を見るのも好きだ。自ら軽飛行機の操縦かんを握った写真を公開したこともある。 金正恩氏はさらに、戦車を操縦した事実が公開されたこともある。韓国紙・ ...

世界最悪とも言われる人権侵害が横行する北朝鮮で、最も人権侵害が深刻な場所といえば、労働鍛錬隊、教化所(いずれも刑務所)、管理所(政治犯収容所)などの拘禁施設だろう。不衛生極まりない環境でまともな食事を与えられないまま強制労働に追いやられ、看守の暴言、暴行は日常茶飯事だ。 病気や虐待で命を落とす者もいれば、些細な過ちを咎められ公開処刑される者もいるが、亡くなった後もまともな扱いなど期待できない。 (参考記事:焼け残った遺体を犬が…北朝鮮刑務所の生き地獄) そんな教化所の一つ、平 ...