北朝鮮、泣く子も黙る「拷問機関」がビジネス参入…秘密警察、国家安全保衛部

一方、その裏で、誰を粛清し、誰を処刑するのか、企画・立案しながら暗躍しているのが、保衛部だ。トップの金元弘(キム・ウォノン)国家安全保衛部長は、粛清・処刑の実行部隊長であることから、恐れられ多くの人の恨みを買っているという。

(参考記事:北朝鮮の「公開処刑」はこうして行われる

人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された 人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

ところが、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、この泣く子も黙る拷問機関の関連企業が、火力発電所の工事利権を得ることに成功。金正恩氏は、発電所の設備更新と補修工事を国家保衛部に委任した。形の上では「委任」だが、実際には先述の金元弘保衛部長の粘り強い要求を、金正恩氏が受け入れたようだ。保衛部は、正恩氏が無視できないほどの、強大な権力を持ちつつあると言えよう。

(参考記事:金正恩氏も無視できない北朝鮮「秘密警察」の莫大な権力

保衛部は、金正恩式恐怖政治の手となり、足となり、耳となることによって近づきながら、一心同体になろうとしている。そして、両者の関係が、強固になればなるほど、北朝鮮の人権侵害の解決は遠のき、正恩氏は、ますます恐怖政治を続けていかざるをえなくなる。

(参考記事:徐々にわかってきた金正恩氏の「ヤバさ」の本質
(参考記事:金正恩氏が「暴走」をやめられない本当の理由