知られざる北朝鮮精神病棟「49号病院」の実態

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

最近、海外勤務から帰国した北朝鮮外交官が、精神疾患にかかったわけでもない自分の子どもを精神病院に入院させるケースが増えているというのだ。

上流階級に属する外交官の子どもは、平壌で良い暮らしをしているので「我が国は地上の楽園」というプロパガンダを鵜呑みにする傾向が強いという。

見せしめで処刑

ところが、父親の海外赴任に伴って情報があふれる海外で暮らすようになるとその嘘に気づいてしまい、北朝鮮を極度に嫌うようになってしまう。