北朝鮮「軍内部で不満爆発」の戦慄情報

これは、かなり刺激的な情報だ。マスコミはよく、「北朝鮮の軍部強硬派の暴走」に言及するが、そんなものは根拠のない作り話に過ぎない。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真 人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された

北朝鮮の体制下においては、たとえ軍幹部といえども、私的な人脈作りを行えば厳しく監視される。実際、1990年代にはある「同窓会」が血の粛清を受けており、それ以来、軍人たちへの統制はさらに強まった。

(参考記事:同窓会を襲った「血の粛清」…北朝鮮の「フルンゼ軍事大学留学組」事件

つまり、「強硬」か「穏健」か以前に「派」を作ることができず、最高指導者の意に反して「暴走」することなどできないのだ。マスコミが「軍部の暴走」と言いたがるのは、さしずめ旧日本軍の「2.26事件」のイメージを引きうつしているだけだろう。

ベトナムで実戦経験

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真 人気記事:北朝鮮の「清純派女優」はこうして金正恩に抹殺された

では、今回なぜ「軍の金正恩氏に対する不満」などという情報が浮上するのか。