北朝鮮で「サウナ不倫」が流行、格差社会が浮き彫りに

もちろん、蒼光院にも「夫婦湯」があり、夫婦でなくともワイロを払えば使えるため、手頃な不倫場所となっている。

かつて、北朝鮮でやりたい放題なのは、党幹部など政治権力を握った人々であると相場が決まっていた。

しかし今や、国民経済の市場経済化を受けて、「カネさえあれば……」という世相に変わってきているのである。