【再現ルポ】北朝鮮の橋崩落事故、500人死亡の地獄絵図

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
生き残ったが障害の残った約200人の軍人たちは栄誉軍人(傷痍軍人)の称号と戦士栄誉勲章を得た。栄誉軍人には、配給などで様々な優遇措置がある。ところが、90年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の頃に福祉制度も配給制度も崩壊したため、彼らは障害の残る体を引きずり、町に出て商売をせざるを得ないくなった。

さらには家を失いコチェビとなったものや、半グレ組織を結成して市場で乱暴をしている者すらいる。

高速道路が完成したのは、金日成氏の80歳の誕生日の1992年4月15日のことだった。500人以上の尊い命を犠牲にしたのに、結局1989年の金日成氏の誕生日には間に合わなかったのだ。無茶な指示さえなければ、失われなかったであろう多くの命。