謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面

過去には同様のイメージがあったが、脱却することに成功したのが中国だ。

中国では、90年代まで公開処刑が行われていた。テレビや新聞で予告し、処刑した死刑囚の写真を街なかで公開するなど一種の「さらし首」が行われていた。また、年間の執行件数も1万件を超えるなど「死刑大国」だった。

ところが、国際社会から「人権侵害」との厳しい批判が高まったため、90年代末には公開処刑は行われなくなった。中国政府も、人権状況の改善が国の威信を高め、国家全般の発展に資する判断したからと見られる。