「街は生気を失い、人々はゾンビのように徘徊した」…北朝鮮「大量餓死」の記憶

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
チュ氏が今になってこうしたことを書くのは、対北制裁が当時の悲劇を誘発することを懸念しているからに他ならない。

制裁は北朝鮮の経済活動を停滞させるために行われているものなので、現在の北朝鮮経済の苦境は、ひとつの成果には違いない。ただ、制裁の究極の目的は、金正恩体制が音を上げて、核兵器開発を止めるよう仕向けることにある。

国際社会は果たして、その目標に近づいているのだろうか。

北朝鮮には民主主義がまったく存在せず、一般国民の不満が政治に反映される仕組みがない。無理にやろうと思えば、死を覚悟して立ち上がるしかない。