通勤列車が吹き飛び3000人死亡…北朝鮮「大規模爆発」事故の地獄絵図

北部山間地域にある慈江道には、軍需工場が密集しているため、他の地域の人が立ち入ることも、道民が他の地域に出ることも厳しく制限されている。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

この26号軍需工場の爆発事故は歴史に残るものだが、それでも最大ではなかった。朝鮮日報は以前、咸興(ハムン)出身のキム・スンチョル氏の証言を引用し、1979年に起きた北朝鮮史上最大と言われる爆発事故について伝えている。

(参考記事:【再現ルポ】北朝鮮、橋崩壊で「500人死亡」現場の地獄絵図

証言によると、軍需工場の17号工場で製造された火薬25トンを積んだ貨物列車5両が停車中だったが、そこに火が付いた。