北朝鮮女性、性的被害の生々しい証言「ひと月に5~6回も襲われた」

北朝鮮では、女性がこのような被害を訴えた場合、かえって本人が不利益を被るケースも少なくない。だから脱北者の女性も、以前はこうした告発に消極的だった。しかし韓国に定着し、人権の何たるかを知るようになることで、勇気ある証言に踏み切る例が増えているのだ。

ということはつまり、北朝鮮国内にはこうした被害者が無数にいるということだ。金正恩氏が米韓などとの交流で、どのような未来を築くことを夢見ているのかはわからないが、その未来には必ず、「告発の嵐」が伴うということを肝に銘じておくべきだろう。