遺体を氷の上に放置…北朝鮮「国境警備隊」の猟奇的な実態

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
この辺りは、厳冬期には川面が凍結する。脱北者たちはその上を歩いて中国へと向かうのだが、遺体となって見つかった人々はその際に撃たれたのだろう。春になって氷が解け、下流へ流されながら、岸辺に打ち上げられたものと見られる。

「遺体をみつけた中国人たちは皆、北朝鮮当局に対する怒りを露わにしている。生きる道を求めて出てきただけの人たちを殺し、遺体さえ収容しないとはむごすぎる」(前出の消息筋)

死んだ人に敬意を払わず、遺体を平気で放置するような実態は、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内部における反社会的とも言える悪習が影響しているのかも知れない。

韓国の北韓人権情報センター(NKDB)が2月に発刊した「軍服を着た収監者~北朝鮮軍の人権実態報告書」によると、朝鮮人民軍(北朝鮮軍)内では兵士らに対する公開処刑が頻繁に行われているという。