家庭も平気で破壊する「アレに狂った主婦たち」の暴走

「やはり党幹部の男性と結婚した娘は、病気治療の過程でアヘン系の麻薬の中毒になってしまった。その後、アイス(覚せい剤)を火であぶって吸引するようになり、5年にわたって中毒状態に陥っている。夫が繰り返し止めるのも聞かず、家財道具を売り払っては覚せい剤を買っている。さすがの夫も我慢の限界に至り、離婚を要求しているようだ」

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

韓国の北朝鮮情報ニュースサイトであるニューフォーカスは昨年12月、北朝鮮国内の取材協力者の、次のような話を伝えた。

「最近、当局は薬物取締に関する中央党の指示文を全国の企業所、人民班(町内会)、学校に通達した。指示文には、薬物の使用は社会主義の精神を弱める毒と同じであり、国家の指示に背き乱用した者について『内部の反逆者』として扱うと警告している」