「労働新聞」 階級的教育は恒久的にとらえていくべき重要な事業

【平壌12月20日発朝鮮中央通信】20日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、全人民的な総進軍が力強く繰り広げられているこんにちの現実はいつよりも階級的教育事業を深化させていくことを求めていると強調した。

同紙は、階級的教育は一時も緩めてはならない革命の重大事だとし、次のように指摘した。

もし、われわれが階級的教育を一瞬でもおろそかにしたり、中途半端にすれば人々の階級意識が麻痺するようになり、それは思想的・精神的に完全に武装解除されること同様である。

階級的教育は、敵のエスカレートする反朝鮮策動を粉砕し、朝鮮式社会主義をしっかり擁護、固守するための必須の事業である。

社会主義の勝利的前進が加速化するほど、資本主義を埋葬する社会主義の力が強まるほど敵の挑戦とあがきはさらに激しくなる。

今、敵対勢力は制裁・封鎖をわれわれの前進・発展を阻むための最後の手段としており、日を追ってこれにいっそう必死になって執着している。

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

われわれは、情勢がどう変わり、どこからどんな風が吹きつけても自力更生、刻苦奮闘の革命精神でもって各面で資本主義に比べようもない社会主義の優越性を高く発揚させるという非常な覚悟を持って継続革新、継続前進しなければならない。---