濡れ衣の女性に性暴行も…悪徳警察官「報復殺人」で70人死亡

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
消息筋はまた、「この統計はあくまで保安員本人が犠牲になった事件に関するもの。保安員の家族が狙われたケースを含めれば、数字はいっそう大きくなる」と指摘。「以前、濡れ衣を着せられた人々による報復は、死んだ保安員の墓を暴くというやり方が多かった。しかし最近は、保安員の家族を手にかける血なまぐさい報復が横行している」と述べている。

(関連記事:妻子まで惨殺の悲劇も…北朝鮮で警察官への「報復」相次ぐ

保安員の家族が犠牲になるケースは以前からあったが、最近になって、その傾向が強まっているということのようだ。

また保安員以外にも、秘密警察である保衛員や検察官など、同様の方法で庶民を搾取している司法関係者はたくさんいる。彼らもまた、保安員と同様に報復の対象になっていると見るべきかもしれない。

(参考記事:北朝鮮女性、性的被害の生々しい証言「ひと月に5~6回も襲われた」