金正恩氏、韓国との約束をまたも「スルー」…文在寅政権に打撃

北朝鮮が、昨年9月に韓国との間で結んだ軍事分野の合意のうちの1つを履行せず、「スルー」していたことがわかった。韓国側は準備万端ととのえ、待っていたにもかかわらずだ。

北朝鮮はほかにも、韓国の文在寅大統領が要望した、日本からの独立運動100周年行事を共同開催する約束を「スルー」している。2回目の米朝首脳会談が不調に終わり、韓国政府は仲介役として貢献すべく意気込むが、北朝鮮に対するグリップが怪しくなってきている状況だ。

北朝鮮はもともと、韓国と全面的な「蜜月関係」ではない。気に入らないことや自分の立場から見て韓国に「筋が通らない」と思われる部分があれば、強い表現で罵倒することもいとわない。

しかしそれにしても、最近の北朝鮮の行動には、「韓国軽視」とも思える部分がうかがえる。

今回、北朝鮮が「スルー」したのは、今年2月末までに実施することにしていた南北共同遺骨発掘団の構成・相互通知だ。

昨年9月に双方が交わした軍事分野合意書には、南北が非武装地帯(DMZ)内で朝鮮戦争戦死者の遺骨を共同で発掘するため、大佐級を責任者とする5人ずつの共同調査・現場指揮チームを構成するほか、80~100人の発掘団をつくることや、2月末までに相互に通知することが明記されている。韓国側は、遺骨発掘団の構成をすでに終えている。

朝鮮半島情勢の全体的な構図の中で見れば、小さな問題と思えるかもしれない。しかし北朝鮮と韓国はこれまで、陸海空での敵対行為の中止やDMZの監視所の試験撤去、軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)の非武装化、漢江河口の共同水路調査など、軍事分野合意書の記載事項を着実に履行してきたのだ。

それらにはいずれも期限が設けられており、今回の遺骨発掘団の件で初めて、北朝鮮は期限を守らなかったのだ。それだけではない。聯合ニュース(日本語版)は4日、次のように伝えている。

「今年に入り、米朝首脳会談を控えた北朝鮮の消極的な態度により、南北の軍事対話は円滑に行われていない。南北の軍事当局者が対面したのは1月30日、韓国側が制作した漢江河口の海図を板門店で北朝鮮側に手渡したのが唯一だった。このため、南北軍事共同委員会の構成やJSAの自由往来などの軍事合意が履行されていない」

たしかに、北朝鮮による軍事分野の合意履行の遅れが、米朝首脳会談の影響である可能性は小さくない。だとすれば、仮に米朝首脳会談が「成功」していたなら、北朝鮮は再び合意履行に積極的になったはずだ。

しかし、会談が不調に終わった今、北朝鮮はどのように出てくるのだろうか。だいたい、核兵器などを除けば東アジアで軍事力が「最弱」の北朝鮮としては、本当は韓国との合意履行などありがたくないのかもしれない。

いずれにしても、国内の経済政策の迷走が続き支持率の芳しくない文在寅政権は、来年4月の総選挙を控え、北朝鮮との統一を成し遂げた「バラ色の未来」を描くしか、有権者に訴える材料がないのが現状だ。

このまま北朝鮮から「ソデ」にされ続ければ、政権が大きな打撃を被ることは明らかだろう。