「約束も礼儀もなく無責任」北朝鮮が文在寅政権を猛批判する理由

この状況は北朝鮮にとって、失うもののない、極めて有利な状況だ。韓国が誘いに乗り、開城工業団地や金剛山観光に乗り出せば、貴重な外貨が得られる。また韓国が乗って来ずとも、「お前たちは約束を守らなかった」として「貸し」を作ることができる。最近になって、またもや北朝鮮の人権問題がクローズアップされそうな雰囲気が出てきていることを鑑みれば、韓国に「貸し」を作り、口を封じて置くことの意味は小さくない。

文在寅政権はいよいよ窮地に追い込まれつつあるが、北朝鮮にとってそれは「好機」でもあるわけだ。