【動画】北朝鮮の女子高生「タイマン」場面…映画『ある女学生の日記』

そして、自身も同じく学究の道を選ぶというストーリーだ。

そこに込められているのは、父母が子どもに残すべき最も大きな財産は名誉や金ではなく、将軍様(金正日総書記)を心から尊敬する良心と義理であるとのメッセージだ。

この映画は、金正恩氏の父・金正日総書記が制作方針を細かく指導したとされ、2006年8月の公開当時、朝鮮労働党機関紙の労働新聞にも取り上げられた重要なプロパガンダ映画だ。

北朝鮮映画『ある女学生日記』のワンシーン
北朝鮮映画『ある女学生日記』のワンシーン