北朝鮮のナンバー2になった「性犯罪レベル」極悪幹部

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
2013年12月には、今の崔龍海氏以上の実力者だった金正恩氏の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)元党行政部長が粛清・処刑された。2015年4月には、当時の人民武力部長だった玄永哲が人間を「ミンチ」と化すような残忍な方法で処刑された。

(参考記事:玄永哲氏の銃殺で使用の「高射砲」、人体が跡形もなく吹き飛び…

過去の金正日氏と金正恩氏の粛清史のなかで、崔龍海氏はしぶとく生き延びてきた一人といえる。ただし、金王朝の始祖の盟友の息子という血筋や、政治的に金正恩氏を脅かす存在にはなりえない「実力」ゆえだろう。そもそも金正恩氏は、崔龍海氏を軽んじているふしがみられる。少し間抜けな話だが、2015年秋には金正恩氏がコダワリを持っていると見られる極太ズボンをめぐって、崔龍海氏は公衆の面前で恥をかかされたという噂さえあるのだ。

(参考記事:金正恩氏が極太ズボンで部下を殺す日

金正恩氏は本当に、変態性欲スキャンダルの醜聞に濡れた崔龍海氏に対外的な国家元首の役割を求めているのだろうか。もしかすると今後は、自らが真の国家元首として表に出るつもりなのかもしれない。