「金正恩印」のお菓子作りに失敗した5人の悲惨な運命

配電部の関係者が取り調べを受け、責任者5人が処罰された。処罰の内容は詳らかにされていないが、少し前なら公開処刑にされてもおかしくはなかった。現に金正恩氏は2015年8月、視察したスッポン養殖工場の管理不備に激怒。支配人を銃殺している。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方

もっとも、国家的な祝日に配られる「お菓子セット」が、最高指導者の権威を保つのに役立っているかは疑問だ。かつては子どもたちの憧れだったが、目と舌の肥えた今の北朝鮮の子どもたちには不人気だ。セットに漢方薬ゼリーを入れるなどの「オヤジ的」なチョイスが、中国製のスナック菓子に慣れた子どもたちにウケるはずがないのだ。

近年では、このお菓子セットのあまりの人気のなさが、政治的事件を巻き起こしてもいる。

(参考記事:金正恩氏が配ったお菓子セット、不味すぎて政治事件に発展

人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

人気記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方

それに今回の一件とて、処罰された5人に本当に責任があったかさえ疑わしい。