北朝鮮「美貌のウェイトレス」たちの茫然自失の日々

北朝鮮労働者を2019年末までに帰国させることを義務付けた国連安全保障理事会の制裁決議を遵守し、ルーマニア、アラブ首長国連邦(UAE)、ナミビアなど国連加盟国は、自国内にいた北朝鮮労働者を次々に送り返している。

アイドル並みの美貌で観光客から好評を得てきた北朝鮮レストランのウェイトレスたちをはじめ、8万人もの北朝鮮労働者を受け入れていた中国も、北朝鮮労働者の送還を進めている。

北朝鮮事情に明るいデイリーNKの中国情報筋によると、中国当局は3月初め、遼寧省丹東にいる北朝鮮労働者のビザの1回の滞在期間を1週間に制限する措置を取った。これを受け、市内の北朝鮮レストランや縫製工場で働いていた女性従業員が、3年の予定を切り上げて急遽帰国した。

中国当局は、入国回数には制限は設けていないが、1回の滞在日数を1週間に制限し、滞在期限を伸ばすためには一度帰国せざるを得ない状況とすることで、遠回しに追い出しにかかっているものと思われる。

中国は、安保理で制裁が決議された後も、様々な形で北朝鮮労働者の受け入れを続けてきたが、ついに姿勢を転換したようだ。