北朝鮮が「長期的な弱体化」を宿命付けられた決定的な理由

昨年の北朝鮮の実際の兵力規模は105万人の水準であり、韓国国防省の発表をはじめとする既存の推計はやや過大評価ではないか、との指摘が専門家から出ている。

たしかに、北朝鮮軍は最近、人口減少や兵役忌避により人員確保に苦労しているとされており、無視できない指摘と言えそうだ。

韓国国防研究院のタク・ソンハン責任研究員は、4月30日発表の「北朝鮮経済レビュー」(韓国開発研究院)に寄せたレポート「北朝鮮軍の実際の兵力数推定と今後の展望」で、直近の北朝鮮の正規軍の兵力規模を104万8千人と推計した。