「労働新聞」 全ての部門、全ての単位で科学的な発展戦略を立ててより高く飛躍しよう

【平壌5月13日発朝鮮中央通信】13日付の「労働新聞」は社説で、こんにちの現実は全ての部門、全ての単位で科学的な発展戦略に徹底的に基づいて前進し、飛躍していくことを求めていると明らかにした。

同紙は、全ての部門、全ての単位で科学的な発展戦略を立てるのは革命と建設で絶え間なく成果を収めるための優先的な事業だとし、次のように指摘した。

自分の部門、自分の単位の現実態と世界的発展趨勢に即して、そして内部の予備と可能性、潜在力を最大限に引き出して利用する原則に基づいて展望的な発展戦略を科学的に立て、頑強に執行してこそより速く、より高く前進し、飛躍することができる。

各単位の事業を発展させるうえで国家的な指導と支援も重要であるが、基本は主人が自分の役割を果たさなければならない。

朝鮮労働党は、全ての部門、全ての単位が世界を見て自分の発展戦略を正しく立て、より高く飛躍していくことを求めている。

みんなが自分の部門、自分の単位を世界的水準に押し上げるための発展戦略を科学的に立てて、社会主義建設の新しい進撃路を力強く開いていこう。---

いま読むべき記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方