【画像】2012年から2019年までの「干ばつ指数マップ」の比較

米海洋大気庁(NOAA)が衛星写真を基に作成した、2012年から2019年までの朝鮮半島の「干ばつ指数(Drought index)マップ」(5月前半基準)。干ばつの程度に応じて「中間」が黄色、「高い」が赤、「深刻」が濃い赤で示されている。

2012年以降、今年が最も深刻な状態であることが分かる。

米海洋大気庁が作成した2012年から2019年まで(5月前半基準)の朝鮮半島の干ばつ指数マップ(同庁=VOA)
米海洋大気庁が作成した2012年から2019年まで(5月前半基準)の朝鮮半島の干ばつ指数マップ(同庁=VOA)

 

いま読むべき記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方