中国が北朝鮮の薬物組織を摘発…金正恩氏の「親衛隊」関与か

北朝鮮がかつて、国家ぐるみで覚せい剤を生産し、日本などに密輸してきたのは良く知られた事実だ。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

ただ、北朝鮮当局は日本などの取り締まり強化を受けてこうした活動から撤退。その後、国内での薬物乱用が度を越してきたこともあり、金正恩氏は覚せい剤などの密売・乱用に公開銃殺などの極刑をもって臨み、徹底的に取り締まっている。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

しかしその一方、国際社会からの経済制裁下での苦境の中、手っ取り早い外貨稼ぎの手段として、薬物の密輸が再び脚光を浴びているとの情報もある。今回、中国当局が摘発した事件が、国家保衛省の一部要員の暴走によるものなのか、組織ぐるみのものなのかは今のところ不明だ。だが、仮に組織ぐるみであったとするなら、同省の性格を考えたとき、国家ぐるみと同等の重大性を帯びてくると言うこともできるだろう。