「労働新聞」 領袖への忠実性は革命家が身につけるべき品性

【平壌6月14日発朝鮮中央通信】14日付けの「労働新聞」は署名入りの論説で、領袖への忠実性は革命の壮途についた革命家が身につけるべき最も基本的な品性であると強調した。

同紙は、革命は領袖によって切り開かれて前進し、革命家が自分の本分を全うするには必ず領袖への限りない忠実性を身につけなければならないとし、次のように指摘した。

一生を変わることなく領袖に忠実であることは、領袖の懐で育った革命戦士の当然な本分、道義である。

領袖への忠実性は決して特別な時期に、危急な状況の中でのみ発揮され、検証されるのではない。

領袖への革命戦士の真の忠実性は、日常的な活動と生活で具体的に発現される。

同紙は、活動家と党員と人々は不世出の偉人を最高の首位に高くいただいて生き、革命を行う並々ならぬ自負を抱いて最高指導者金正恩党委員長の思想と指導を衷情でもって支えていくことで社会主義強国建設偉業を立派に成し遂げることに積極的に寄与すべきであると強調した。---

いま読むべき記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方