「金正恩の身辺を守れ!」北朝鮮が国民に緊急指令

今月17日夜、中国と北朝鮮の国営メディアはほぼ同時に、習近平国家主席が金正恩党委員長の招請に応えて訪朝することを発表した。それとほぼ同時に、北朝鮮国内では「特別警戒週間」への突入が宣言されたと、各地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、習近平氏訪中が発表された直後の17日午後8時30分に、朝鮮労働党恵山(ヘサン)市委員会と人民委員会(市役所)の部長や職員が工場、企業所、人民班(町内会)にやって来て「最高司令官同志(金正恩氏)の身辺の安全をあらゆる方面から擁護、保衛しよう」という題名の緊急指示文を伝達したと伝えた。

17日から26日までを特別警戒週間とし、金日成主席、金正日総書記の銅像、革命史跡や石碑などを守るために、工場、企業所ごとに自衛警備団を組織せよというものだ。

北朝鮮で金日成氏、金正日氏の銅像は最も聖なるものとして扱われ、何かあるたびに特別警戒の対象となる。実際、過激な脱北者団体が銅像を攻撃しようとしたこともあり、北朝鮮当局の懸念は決して杞憂とは言えないだろう。

また、町内で異常な兆候が現れたらすぐに通報せよ、通報内容が正確であれば、通報者には10万北朝鮮ウォン(約1300円)から20万北朝鮮ウォン(約2600円)の報奨金を即時支給するとも書かれている。コメ1キロが4500北朝鮮ウォン(約58円)前後で売られていることを考えると、かなりの金額だ。