北朝鮮「働く女性」に人気の新ビジネス…金正恩「中絶禁止」とも合致

現在の北朝鮮政府の前身にあたる北朝鮮臨時人民委員会が1946年7月に発表した「朝鮮男女平等権法についての法令」は、当時としては非常に先進的な男女平等法と言われた。

それから73年。北朝鮮社会には依然として、様々な形での女性差別が存在する。しかしその一方、女性はそのような風潮に負けず、北朝鮮経済の柱となっている側面もある。

ろくに給料も配給も出ない国営工場や企業所に一日中縛り付けられ、経済活動ができない男性とは異なり、必ずしも職場に所属する義務のない女性たちは、市場で商売をしてその稼ぎで一家を養う。

そんな忙しい女性たちの間で最近、ベビーシッターが人気を集めていると北朝鮮各地のデイリーNK内部情報筋が伝えている。