韓国の思い通りにはならない…日韓対立で米国から指摘

ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は24日、韓国で青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長、康京和(カン・ギョンファ)外相、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防省と相次いで会談した。

この前日、烏山米軍基地(京畿道平沢市)に到着後、「インド太平洋の安全保障と繁栄に不可欠な重要な同盟であり、パートナーである(韓国の)指導者たちと生産的な出会いを期待している」とツイートした。到着後さっそく「インド太平洋戦略」を強調したのは、日韓の対立により日米韓3国の協調体制が揺らいではならないとの立場を鮮明にするためだろう。

特に米国は、韓国が日本による輸出規制措置に反発し、日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を見直す可能性を示唆したことを強く憂慮しているとされる。ボルトン氏は一連の会談で、GSOMIAを維持するよう釘をさしたと見られる。