金正恩氏「最愛の妹」が幹部らを無慈悲に処罰…権力中枢で何が


「スマホ、パソコンでぼやけが気になる大人の目に」
ファンケル『えんきん』で目の健康習慣を!
たっぷり約14日分試せる【500円モニター】を募集します!

今読むべき記事:「あと15日しかもたない」金正恩、新型肺炎で体制崩壊の危機

なんといっても金正恩氏にとっては、心から信頼することのできる数少ない血縁なのだ。

また、金正恩氏の動線管理をしながら出世してきたとされる金与正氏は、兄のプライバシーまでをも知る側近中の側近だ。

(参考記事:金正恩氏が一般人と同じトイレを使えない訳

どのような形であれ、彼女のパワーが今後も強まっていくことは間違いないだろう。