「米国の利益に深刻な被害」文在寅氏の“感覚のズレ”に募る警戒感

文在寅氏は先日、「南北の平和経済実現で日本に追いつく」と語りながら、すぐさま北朝鮮のミサイル発射で打ち砕かれてしまった例は記憶に新しい。

文在寅氏と米国の「感覚のズレ」を物語るエピソードは、ひとつやふたつではない。

文在寅氏がGSOMIA破棄に突っ走ったとき、日米韓の安保協力に、どのような事態が持ち上がるのだろうか。