農業勤労者の詩朗誦会

【平壌10月8日発朝鮮中央通信】金正日同志の朝鮮労働党総書記推挙22周年と朝鮮労働党創立74周年祝賀農業勤労者の詩朗誦会が8日、平安南道平原郡院和協同農場で行われた。

朗誦会で各出演者は、朝鮮労働党を百戦百勝の鋼鉄の党に強化して発展させ、革命と建設を勝利と栄光の道に導いた総書記の業績をたたえた。

朗誦会では、朝鮮労働党を永遠の生の懐、革命の母に格調高く謳歌し、農業生産において大革新を起こしていくという勤労者の思想精神世界を盛り込んだ詩が朗誦された。

女声独唱「党をうたう」、男声独唱「党よ わたしの母よ」をはじめ、朝鮮労働党に対する賛歌も響き渡った。

朝鮮農業勤労者同盟(農勤盟)中央委員会の金昌葉委員長、関係部門、農勤盟の活動家、農業勤労者が、これに参加した。---

いま読むべき記事:消えた北朝鮮の「ピンクレディー」…看板アナウンサーの行方