韓国マネー巡る裏切りで…北朝鮮「15才少年」の悲惨な末路

人気記事:「女性16人」を並ばせた、金正恩“残酷ショー”の衝撃場面
通報者が容疑者と疑われかねない上に、密告者との悪評が広がれば地域社会から完全に孤立してしまう。「あいつとトラブルになれば、密告されかねないから避けよう」と思われてしまうのだ。そうなれば、カネとコネがすべての北朝鮮社会で生き残っていくのは非常に難しくなる。

逮捕された3人の処遇についてはわかっていない。最近になって強制送還された脱北者に対する処罰は多少緩和され、一般の犯罪と同じ扱いにしているとのことだが、北朝鮮の教化所(刑務所)の状況は、劣悪極まりないことには変わらない。施設内ではたとえば、若い女性を「ニオイ拷問」で死に至らしめるなどの行為が横行している。

(参考記事:若い女性を「ニオイ拷問」で死なせる北朝鮮刑務所の実態

また、逮捕されて絶望のあまり、自ら命を断つ人もいる。

(参考記事:脱北に失敗した北朝鮮人夫婦の「究極の選択」