「韓国に致命的な結果もたらす」文在寅を腰砕けにした米国からの警告

「今週、韓国を訪問していたエスパー国防長官は、韓国国民への揺ぎないコミットメントを繰り返し表明していた。このような報道は、1人の匿名の関係筋情報を基にした報道の危険で無責任な欠陥を露呈している。朝鮮日報には記事の即時撤回を要求している」

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

在韓米軍の大幅縮小に関する情報が北東アジアの安保に与える影響を考えれば、当然のことかもしれない。

しかし、国防総省のこのような否定にもかかわらず、近い将来、在韓米軍が大幅に縮小されるかもしれないとの懸念は、米韓の安保関係者や識者の間に、消しがたく漂っている。

人気記事:【動画】北朝鮮美女集団が大胆露出の衣装姿で踊ってみた結果!

人気記事:【写真】北朝鮮兵士が衝撃を受けた「水着美女」の悩殺写真

そして、その懸念をいっそう強めているのが、韓国政府による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄の決定だった。例えば、マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)副所長は22日付の韓国紙・中央日報への寄稿文の中で次のように指摘している。

(参考記事:「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家ら文在寅批判の大合唱